ヨーロッパミヤマ

2008年9月22日 (月)

ルカヌスのF2

080917_215757_m ぼちぼちC血統のユーロ♂が羽化してきています。同じ血統の♀はとうのむかしに羽化してしまい、後食がはじまっていて、もう死んじまったのもいます。完全に羽化ヅレです。当然、別な♀と掛けざるを得ず、幼虫はCBということになってしまいます。大型の血統だとわかればできるだけ累代したいのですが、♂♀で温度の違う環境で飼うなりしないと、F2とはなりません。F3とかになるとさらに難しいような気がします。そういう個体がいたら、むしろ貴重かもしれませんね。

| | コメント (4)

2008年4月26日 (土)

デカ♀とチビ♂

Img_7606 ユーロのデカ♀です。51ミリくらい。ちなみに隣にチビ♂を置いてみましたw。ところで、そろそろセールの時期ですね。GW中は出かけているのでむし社やオアシスのセール行けません。でも今日からグッズ中野がセール開始とのことで、覗きにいきました。でも、あまり心動かされるものがなく、、、結局、何も買わず。ついでに寄ったむし社。セール前にたまに掘り出しものがあるのですが、、、、。今日は2年もののヤエマル幼虫が1500円くらいで安いのかどうかわかりませんが、よく売れているようでした。唯一心動かされたのは、J世界。85.5ミリのディディがいて驚きました。あの迫力はすごい。最高にかっこいい!値段は5万くらいでしたが、ギネス級ということであれば、この値段でも買う人はいるでしょうね。私は、、、買えるはずもなし。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

おいらチンピラ

Dvc00186_m_2 図書館でこども用のガタ本を借りてきました。それぞれのガタに注釈がつけてあるんですが、ものすごい決めつけです。ちなみにヨーロッパミヤマは「ヨーロッパのチンピラ」(笑)。「ケンカはうるが、負けることが多い。日本のノコギリクワガタに負けることもある。」との丁寧な説明。そんなのバラさないで~。他にはグラントシロカブトは「孤高のカウボーイ」テディエールシカは「熱帯の色男」ヘラクレスリッキーは「アンデスの暴走機関車」ギラファは「冷静で残酷なノコギリ伯爵」オオゴンオニは「必殺カニ挟み」グランディス「温和なベンツ」アビヌス「ラテンの突撃豆戦車」ブルーマイスター「暴れ馬イエロー」メタリフェル「銅メダルの内弁慶」コガシラにいたっては「遠距離攻撃のファンタジスト」です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

小さくても、、、

Img_7259 これは、なんの成虫でしょう、、、
サイズが40ミリくらい。

実はユーロのオスなんです。
なんでまた、こんなにちびっこくなっちゃったのか。
今朝、羽化したコクワにも負けてるんじゃないの。

でもこういうの、かえっていとおしいもんなんです。
よくがんばって羽化してくれたな、と。
小さな命に感動します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)