タランドゥス

2009年4月17日 (金)

さすがの血統!

Photo みつ&ジョニーのタラ、羽化第1号!

メスで58ってデカイっすよね(ちゃんと脱げてました!)。しかしさすが、種親93ワイルドの血を引いています。プリンカップ、800cc1本と2000cc1本で羽化です。しかし、残念ながら羽化不全、、、がっくし。でも♂がいる。これはブロックに突っ込みました。半年経ったんで割ってみたい気もするのですが、もう少し我慢しようと思います。→オス、結局だめでした。

| | コメント (20)

2008年8月30日 (土)

タラ・タラ・タラ

93ミリのポテンシャルを秘めたみつタラ♂が逝き、ジョニタラ♀は材の中にひきこもり。2ヶ月ほど放置してました(笑)。今日、レイシ材を持ち上げたところ、パリパリと材が砕け、中から丸々太ったタラコがでてきました。材の中はスカスカで、出てきた幼虫は21頭。小指くらいでかいのもいます。ジョニタラも中でピンピンしていました。前回、あまり産んでいなかったけど、2回めでどーんときましたね!タラって丈夫だなぁ。

| | コメント (7)

2008年3月14日 (金)

消えた花婿3

Dvc00187_m 密野多良男は密野家の次男として産まれた。多良男はしばらくして小さいながらも白い個室(500cc)を与えられ、そこで大きな夢を育んだ。父親はおおらかで『勝手に育て!』が口癖。基本的に放任主義だった。だからでかくなれなどと叱咤されることもなく、のびのびと育った。途中で部屋をかわるという話しもあったが、父親の気が変わったのか、結局その部屋で多良男は大人になったw。ある日、多良男はずっと音信不通だった異母兄弟の多良次郎(フーテン)と府中にあるランパブ&バー「JACK」で偶然に再会。気まずい沈黙の後、多良次郎からでた言葉は、多良男を驚かせた。多良男の本当の父親が別にいるというのだ。それからだ。多良男の自分探しの旅が始まった、、、、。(まだやるの?)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

消えた花婿2

Img_7315 『結婚するんだって?』カウンターに腰掛けながら、そうきりだしてみる。多良男はピタリとゼリィを喰うのをやめ、こちらを向いた。なんで知ってる?とでもいいたげだ。『みずくさいじゃないか。捨印から聞いたんだよ。』あの30もガキを産んだ女か、と苦い顔をして、またゼリィをしゃぶりはじめる多良男。『で、どんなコなんだよ』小指でつつくと、柄にもなくゼリィの中に頭を突っ込んで照れている。『女ができると食いもんまで変わんのかねー』おおくわっちゼリィしか喰わない奴がバナナ味の見慣れないゼリィを喰っていることは店に入った時から気付いていた。もしかすると、少し前まで女もここにきていたのかも知れない。『やっぱ黒いのか』多良男は顎を小さく上下させた。まったく奴の黒光り好きには呆れる。いつも同じタイプだ。小顔のガングロ。クラスで一番人気だった山梨からの転校生の美山には『あんな気難しい女なんて興味ねぇ』と見向きもせず(実はオレは惚れていたわけだがw)、いつもずんぐりした女を連れていた。ある時、バッタリ女連れの奴にあったことがある。そのときの奴はやたら慌てて、女を後ろに隠していた。後で奴に会ったとき、『浮気してたことバラすなよ』と顎をカクカクさせていた。オレは驚いた。あの女はいつも連れていたタラ子じゃなかったのか?!見た目はそっくりだった。たぶんパンツをめくってみたって、オレはわからなかっただろう。噂で、その女が妊娠したと聞いた。今ではとんでもない数のガキがいるそうだ。あの時デキたらしい。そういえば、あのホテルの名前はルカディアとか言ったな。最近は爆産の名所になっているらしい。(続く?)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

消えた花婿1

080209_211526_m 忽然と姿を消した。

春の挙式を控え、幸せいっぱいのはずだった花婿にいったい何があったのか。
時間を遡って見よう。
最後に目撃されたのは先週の金曜日。
渋谷は喧騒に包まれ、じゃれあうカップルや千鳥足のサラリーマンが行き交ういつもの週末の風景がみられた。店に入ると、マスターが迎えてくれる。『今日は早いですね。』マスターはマット交換する手を休め、白い歯をみせた。この人懐っこい笑顔で常連に金やんと呼ばれ慕われている。『ずいぶん前から奥でお待ちですよ』視線を移すと薄暗い棚の中で口のまわりをゼリィだらけにした密野多良男が待っていた。相変わらず、黒光りしている。俺はボトル(カワラ)を入れ、カウンターに腰掛けた。(続く)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年1月31日 (木)

じょにたら

Dvc00272_m 自分、今年はタラがキテます。みつひろう印の93ミリタラは本当に衝撃を受けました。タランドゥスはかっこいい!ぜひこんなのを育ててみたい。堅く決意したとき、巨大血統のタラオスをみつひろうさんからいただしました。そして、みつ印オスとカップルになるのは、、、、そう、じょにたらメスです!ツヤツヤでメリーのチョコみたい。ジョニーさんに譲っていただきました。ありがとうございます。春になったらブリして、あの菌糸を回天師匠の手ほどきで詰め方を加減しながら育てます。楽しみ!

| | コメント (16) | トラックバック (0)