むし本

2011年10月30日 (日)

神保町古本まつり

Kannda 毎年楽しみにしている季節がやってきました。

本の町、神保町の古本まつりです。
ものすごい人でしたが、とにかく楽しい。

たくさん露店がでますが、圧巻です。
店側も年に一度の露天干しも兼ねてるのではw

いきつけの鳥海書房では1割引きになっていました。
アマゾンで買うと2万円以上する本が、ひっそり2000円
で置いてあったりするからたまりませんね。
むし社のクワガタ大図鑑もちょっと箱に傷があるだけで
5000円でっせ。新品買うと数万するのに、、、、。
先日亡くなった北杜夫氏のどくとるマンボウ昆虫記の
初版本が500円だったので購入。そのほかにカミキリ
関係やきのこ関係の本をいくつか買いました。

一日中いても飽きない古本まつり。
11月はじめまで開催中です。

| | コメント (2)

2011年10月23日 (日)

幻の名著

Miyama1_2 ついに手に入れました。神田の古本街を回ることたびたび。絶版になっているこの本は、林 長閑(はやし のどか)先生の著作で、ミヤマファンなら一度はみたい代物です。ミヤマのいろいろな文献に林先生の名前がでてきますが、この本はなかなか手に入らず、あってもとても高価でした。いつもいく鳥海書房でなにげなくみていたら、「あった!」うれしかったです。ミヤマクワガタについて、これほど詳しく書かれている本はありません。

Miyama2

Miyama3

| | コメント (4)

2009年1月25日 (日)

牢屋と虫

Photo インドで捕まったむし屋さんの話です。なかなかおもしろかったです。

| | コメント (16)